犬の涙やけの正しい取り方・落とし方!除去におススメのクリーナーは?ホウ酸水もよい?

涙やけ 犬 除去 ホウサン水

目の下が常に涙で濡れて、毛の色が変色してしまう「涙やけ」
涙やけを見ていると、なんだか悲しそうな表情に飼い主のあなたまで悲しくなってきてしまいますよね。

今回は涙やけの原因を知るとともに、涙やけの正しい取り方・落とし方をお伝えします。
涙やけの除去にオススメのクリーナーや、簡単に自分で作れるホウ酸水にも涙やけに効果があるかも!

ぜひ参考にしてみて下さいね。

涙やけの原因3つ

涙やけ 犬 除去 ホウサン水

涙やけの原因は主に3つです。

1、目に常にごみが入って、涙が流れてしまう

2、涙がうまく体の中へと排出されない

3、目の病気にかかっている

では、1つずつ見て行きましょう。

1、目に常にごみが入って、涙が流れてしまう

人間と同じように、わんちゃんも目にごみが入ると、涙を流してごみを洗い流そうとします。
そのごみが涙で洗っても洗っても取れない場合、涙があふれ出て涙やけの原因となってしまいます。

わんちゃんに一番多い、常に目にごみが入る原因が「逆さまつげ」です。
まつ毛は通常であれば目の外側へカールして生えています。
しかし、逆さまつげはまつ毛が外側ではなく内側へカールして生えてしまい、常に目の中にまつ毛が入っている状態になります。

そのまつ毛が目を刺激し、ごみとして認識されたまつ毛を涙を流して洗い流そうとしている反応によって、涙やけが出来てしまいます。
逆さまつげを取り除けば、涙が流れる事はありません。

トリミングサロンや動物病院で逆さまつげを抜く処置を行っていますので、気になる方は聞いてみてはいかがでしょうか。
動物病院では逆さまつげを抜く際に、点眼の麻酔を使用してくれますので、痛がらせずに済みますよ。

また、顔回りの毛が目の中に入って涙やけを起こす原因となることもあります。
トリミングサロンで、目の周りをスッキリとカットしてもらえば涙やけは治りますよ。

2、涙がうまく体の中へと排出されない

わんちゃんは、人間と違って悲しい・痛いなどの感情で涙を体の外へと流すことはありません。
目の表面が乾かないように常に目は涙で覆われているのですが、この涙は目頭の「鼻涙管(びるいかん)」という管を通って、鼻の奥へと排出されていきます。

涙やけの原因となるのは、この鼻涙管が何らかの原因によって詰まってしまうと発生します。
体の中へと流れきれない涙が、体の外へと流れ出てしまうのですね。

鼻涙管が生まれつき細い犬種も存在していて、チワワやヨークシャー・テリア,ポメラニアンなどに涙やけが多く見られます。

3、目などの病気にかかっている

涙やけ 犬 除去 ホウサン水

わんちゃんが結膜炎花粉症食物アレルギーなどにかかっていると、涙の量が増える事があります。
その場合は、涙以外の症状で目が赤くなっている、くしゃみや鼻水も出ている、口回りが赤く痒そうにしている…などあるはずですので、その際は動物病院に行って相談してくださいね。

涙やけの正しい落とし方

涙やけ 犬 除去 ホウサン水

涙やけを発見したからといって、乾いた布でごしごし拭いてしまっては、わんちゃんが痛がってしまう可能性があります。
ここでは涙やけの正しい落とし方のコツをご紹介します。

1、乾いた布で行わない

涙やけを落とす際、乾いた布でごしごしこすってしまうと、毛が絡まってわんちゃんが痛く感じてしまう場合があります。

涙やけを拭く際には、必ず水やクリーナーなどで濡らした布で行って下さい。
その方が涙やけで黒ずんでしまった毛などの汚れも取れやすくなりますよ。

2、目頭から目尻へ優しく

わんちゃんの毛の流れは、目頭から目尻への方向です。
逆の順番で拭いてしまったり、力任せにごしごし拭いてしまっては、皮膚や目に負担がかかってしまいます。

一度嫌な思いをしたわんちゃんは、次から涙やけを拭かせてくれなくなってしまうかも。
涙やけを拭く際は、ごしごしこすりたい気持ちもわかりますが、優しくゆっくりと、目頭から目尻へ撫でるように拭いてあげて下さいね。

3、飼い主はわんちゃんの後ろから

涙やけを発見したからと言って、わんちゃんの正面に立って涙やけを拭こうとすると、嫌がって逃げてしまう子が多くいます。
それは、得体のしれない物が顔の正面にいきなり来るので、怖がっている証拠

わんちゃんの涙やけを拭く際は、後ろからわんちゃんが怖がらないように背中を抱え込むように抱っこしてあげましょう。
片手でアゴのあたりをよしよしと撫でながら、わんちゃんの後ろから手を伸ばして涙やけの部分を拭くようにしてあげると、目に突然大きなものが襲ってくる感じがせずに怖がらず落ち着いたまま拭かせてくれますよ。

除去にオススメのクリーナー&ホウ酸水

涙やけ 犬 除去 ホウサン水

涙やけの除去に人気のクリーナーを3点紹介します。

1、涙やけトルン

天然ハーブ成分で、涙やけで濡れてしまった皮膚に雑菌が繁殖しないように、目元をスッキリ綺麗にしてくれます。
天然成分100%なので、目の近くでも安心して使用する事ができますね。
ハーブの香りで、気分も爽やかにさせてくれます。

涙やけトルン 60ml/愛犬の としてアロマのナチュラルローション/トイプードル チワワなど小型犬 ローション 犬の ケア 犬用 ナチュラル アロマオイル パグ コーギー ワンコ 【a0264】

楽天で購入

 

 

2、ラファンシーズ クリアフェイス

2種類の天然植物エキスの相乗作用で、涙をスッキリふき取って、毛の変色を防いでくれます。
肌に優しい弱酸性ですし、特殊タンパク質P.P.Tを配合して、さらさらとした美しい毛並みを保ってくれるローションです。

3、アースリーフ アイゾーンローション

http://earthleaf.net/earthleaflineups.htm

天然成分100%のフムスエキス=植物性抗酸化水を使用していますので、デリケートな目の近くでも安心して使用できます。
このフムスエキスには、分子が小さい「フルボ酸」が16種のミネラルと20種のアミノ酸とキレート化(ミネラルイオンがアミノ酸に挟まれる事)されていて、体内への吸収率が格段にアップしています。

お肌を清潔に保ち、涙やけの予防に最適です。

 

ただし、紹介した3点のアイクリーナーは、即効性があるものではありません
即効性がある=漂白剤を使用しているものがあるという事を頭の片隅に置いておいてください。
そんな漂白剤入りのクリーナーは、目の近くに使用するのはためらいますよね。

クリーナーを使って涙やけの原因となる涙を毎日ケアしてあげる事で、涙やけが今以上に濃くなって醜くなるのを防いでくれますよ。

4、ホウ酸水

ホウ酸と聞くと、何だか体に悪いイメージがありますが、実は眼科で医薬品として使用されている成分です。
水に溶かして、眼の洗浄に使用され、弱酸性で殺菌作用があります。

薬局で簡単に手に入りますし、目に入っても無害ですので、ご自宅で手作りしてみてはいかがでしょうか。

◆ホウ酸水の作り方◆

材料…ホウ酸3g、精製水150ml
※ホウ酸水の濃度は、2%以下になるように作りましょう

作り方…精製水を60℃に温めて、ホウ酸3gを入れて溶かすだけ

密閉容器の冷蔵庫保管で、2週間以内に使い切るのがベストです。

最後に

涙やけは、命にかかわる危険な状況ではないことがほとんどなので、重篤な病気でなければ手術などはオススメしません。
ただ、その背景に重大な原因があり、涙やけがそのサインであるということもあるので、ワンちゃんの体調には十分に気をつけてあげてください。

と同時に、涙やけに対処してあげましょう。
涙やけを落とすためには、毎日のお手入れがとても重要です。
目の下が濡れていたらすぐにふき取ってあげること。
1日サボると、すぐに元に戻ってしまう可能性もありますので、根気よく毎日続けてあげて下さいね。

長い記事を読んでくださってありがとうございました。
あなたとその隣にいるわんちゃんがもっともっと両想いで幸せになりますよう、願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です