犬のがんの予防・治療に効果がある水はあるのか?水素水の真実

がん 予防 効果 水

愛犬がガンになってしまったと知ったら、飼い主さんなら誰しも、
悲しみと同時になんとかしてあげたいと思うでしょう。

そこで、日々の生活の中で簡単に用いることが出来て、ガンの予防と治療に期待できると最近話題になっている「水」について調べました!

「水素水」は犬のガン予防・治療に良い効果がある!?

最近何かと耳にする「水素水」
人の美容や健康に効果があると話題になっています。

実は犬にも良い効果があるようです。
しかも犬のガンに良い影響があるというのです。

がん 予防 効果 水

水素水が犬のガンに良い理由

水素水には、分子状水素という成分が含まれています。
この分子状水素は、悪玉活性酸素と結びついて中和し、消滅させる働きがあります。
ちなみに、悪玉活性酸素は細胞を錆び付かせたり老化の促進ガンの原因になるなど、体に悪い影響を与えるものです。

一般的には、このようにして体に良い効果があると考えられていますが、科学的な根拠は今のところありません。

水素水の犬への効果

水素水を犬に普段から飲ませることで、次のような効果が期待できるといいます。

  • 糞の匂いや体臭、口臭が減る
  • 毛艶がよくなる
  • 胃腸改善効果、代謝の促進効果から、慢性的な皮膚疾患や下痢などに効果があると考えられる
  • 歯周病や腎不全、糖尿病、ガンなどの予防改善にも効果も期待される

また、実際、ガンで余命宣告を受けていたワンちゃんが、宣告期間よりも1年も長生きできた例もあるそうです。

犬に水素水を与える際の注意点

少しづつ飲ませましょう

水素水に含まれる水素は、空気中に出すとすぐに抜けてしまいます。
水素が抜けてしまっては効果が期待できないので、飲みきれるだけ出して与えましょう。
また、一度に大量に飲むよりも少量ずつこまめに与える方が効果があるとされています。

ミネラル分の低い水素水を選びましょう

犬には硬水のお水を与えてはいけません。
硬水はミネラル分が高く、ミネラル分を過剰摂取すると尿結晶の原因になります。
そして尿結晶が悪化すると、尿結石になってしまいます。

加熱しないで与えましょう

水素水は、加熱することで水素水中の水素が酸素と結合して失われてしまい、効果がなくなってしまいます。

犬のガンに効果的?!おすすめの水素水

ペット用の水素水

ペット用に、ミネラル分を完全除去した水素水も販売されています。
↓↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ペット用水素水 ZEROミネラル お徳用330ml×10本 ミネラルゼロ ペット 水素水 猫 犬 水 ペット用飲料水 ペットウォーター 犬用 猫用 動物用 ペット用 水素 アルミ パウチ 送料無料
価格:3980円(税込、送料無料) (2016/10/19時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ペット用 飲料水 ミネラルゼロ 【 甦り水 ペットの水素水 お徳用 220ml×40本】 高濃度 水素水 ペット 猫 犬 ウサギ ハムスター あす楽対応 アルミパウチ容器 使用 [ 水素水ボトル 水素スティック 水素サプリ 水素水サーバーではない] 価格:13988円(税込、送料無料) (2016/10/19時点)

 

「日田の天領水」

一部の愛犬家の中では、犬のガンに効く「奇跡の水」として話題になっています。
ミネラル分の少ない軟水で、天然活性の水素水とのことです。

がん 予防 効果 水

犬のガン予防は、日常生活から!

ガンは生活習慣病のひとつなので、日常生活が要となります。
愛犬の日々の生活の、次のことを気にかけてあげましょう。

【ストレスを溜めない】
人間と同じで、ストレスは免疫力低下の一因となります。
犬の住環境、お留守番の時間、飼い主さんとのコミュニケーションなど、日常生活の見直しは効果的です。

【犬の食事の見直し】
科学的な添加物の多いフード・おやつは避けましょう。
また、日々の給水に水素水を取り入れてみてもいいかもしれませんね!

【口内環境を清潔に保つ】
歯磨きと同時に口内の異常チェックをしましょう。

【日常から、愛犬とのコミュニケーションがてらのマッサージをする】
ガンは、とにかく早期発見・早期治療が一番です。
日頃からよく触って異常に気づいてあげることができるのは飼い主さんだけです。

また、ガンの種類によっては避妊・去勢で発生率を大きく下げられることができます。

6歳を過ぎたら半年に1回のレントゲン、超音波検診を受けておくと安心ですね。
半年に一回は頻繁なのでは?とも思うかもしれませんが、犬の1年は人間の5年にも匹敵しますので。

私たち人間と同じように、ワンコの世界も高齢化が進んでいます。
愛犬が幸せに長生きできるよう、私たち飼い主が支えてあげたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です