• 犬 関節炎 対策 グッズ
    関節炎対策はこの記事でカンペキ!愛犬がずっと走り回れますように…!
犬の食事

犬に食べさせてはだめな野菜一覧!太るものから毒性・下痢・結石の危険性のある野菜まで

野菜 下痢 毒性 結石

飼い主さんが食事をしていると、美味しそうに見つめるわんちゃんの目。

その訴える目に負けて、ついつい、人用のご飯をあげてしまう事も。
うちのわんちゃんもキラキラした目で見つめてくるので、よく野菜をあげていました。( *´艸`)
野菜だったら太らないしいいかなと思って…

でも、わんちゃんにとって、人間が食べる野菜でも太るものや毒性下痢結石のある危険性がある野菜があるのをご存知でしょうか。
もし知らなければ、わんちゃんに危険な野菜をあげてしまって、救急で病院に行くことになるかもしれませんよ!

今回は、わんちゃんに食べさせてはダメな野菜の一覧を紹介します。
野菜で太るものから、毒性・下痢・結石の危険性のあるものもありますよ。
わんちゃんにあげる前に、ぜひ参考にしてくださいね。

タマネギ・ネギ

野菜 下痢 毒性 結石

「タマネギ中毒になるので、絶対にあげちゃダメ!」

わんちゃんにネギ科の植物、「玉ねぎ、長ネギ、ニラ、ニンニク、らっきょ」などは絶対にあげてはいけません。
「タマネギ中毒」という病名もあるくらいです。

では、わんちゃんにとってネギ類の何がダメなのでしょうか。

それは、ネギ類に含まれるわんちゃんにとっての中毒物質「アリルプロポルジスルフィド」
この物質が、赤血球の中にある酸素を運ぶ「ヘモグロビン」を酸化させて破壊してしまうため、「溶解性貧血」と呼ばれる貧血を起こします。
血尿や、心拍数の増加胃腸障害も起こる危険性があります。
わんちゃんだけでなく、猫や牛でも報告があるそうですよ。

タマネギなどに熱を加えてもこの物質は変化しないため、生でも加熱済みでも危険性は変わりません。
タマネギ中毒の症状の重さには個体差があり、少量しか食べてないわんちゃんも重症になることもあります。
お味噌汁に残っているタマネギ成分だけでも中毒症状を起こしてしまう事例も報告されていますよ。

 

わざわざタマネギだけをあげることはないと思いますが、人間の料理の中には意外にもネギ類が多く使われています。
ハンバーグ、カレー、チャーハン、サラダドレッシングやコンソメスープにもタマネギは使われています。

飼い主さんが目を離した隙に、机の上の美味しそうな匂いのするご飯を盗み食い…なんてことがあるかもしれませんので、タマネギを使った料理をした際は気を付けて下さいね!

アボカド

野菜 下痢 毒性 結石

「アレルギー症状に注意!」

アボカドを使ったドッグフードもあるくらいですが、実は最近わんちゃんにとって毒性があると言われるようになりました。

アボカドの実に毒性は少ないのですが、葉や種子,樹皮には「ぺルジン/persin」という毒性があるという研究成果が発表されています。
大量摂取するとアレルギー症状として発病する可能性があり、嘔吐・下痢などの胃腸障害や、最悪の場合は死に至ります。

もしわんちゃんにバナナ・キウイなどの果物アレルギーがあると、アボカドも同じ分子構造を持っているので同じアレルギー症状を起こす危険性があります。

わんちゃんの体質にもよりますが、怪しい物をあえて与える必要はありませんので、できたらアボカドは避けましょう。

キャベツ

野菜 下痢 毒性 結石

「大量摂取は結石の原因になるかも!」

キャベツには、体に良い成分であるビタミン、ミネラルや食物繊維が豊富です。
人間にとったら、お腹の調子も整えてくれる、とても良い野菜。

しかし、わんちゃんにとってあまり都合のよくない「シュウ酸」が含まれています。

 

わんちゃんの体の中にできてしまうシュウ酸カルシウム結石の原因物質の一つ。

シュウ酸カルシウム結石は、いったん体内にできてしまうと溶かすことができません。
あまりにも大量にできてしまうと、尿路に石が詰まってしまい、外科的に取り出すしかない緊急手術をすることになってしまうかもしれません。

食べ物のマグネシウム量にも関連してシュウ酸カルシウム結石ができてしまう報告もあります。
あくまでキャベツに含まれるシュウ酸は原因物質の1つですので、少し食べる分には問題ありませんが、食べ過ぎには注意が必要です。

このシュウ酸が含まれている野菜のもう一つに「ほうれん草」があります。
一般的にほうれん草でのシュウ酸の方が、飼い主さんに知られていると思います。
また、タケノコもシュウ酸が多い野菜の一つ。

しかし、シュウ酸が含まれている野菜でも、わんちゃんにとってキャベツを一番控えて欲しい理由が「食べる量」。
ほうれん草やタケノコよりも、キャベツの方が毎日食べられる手軽な野菜ですよね。
したがって、わんちゃんに毎日与えられてしまう野菜として登場する回数が多くなってしまい、結果として尿結石になる確率が高くなってしまいます。

トウモロコシ、イモ類

野菜 下痢 毒性 結石

「食べ過ぎると太ります!」

植物性たんぱく質やエネルギーとなる糖質(炭水化物)が多く含まれ、食べると甘いトウモロコシ。
エネルギー源がたっぷり含まれているイモ類。

どちらも、人間でも美味しくてついつい食べ過ぎてしまいますよね。
人間と同じように、トウモロコシやイモ類は美味しいので、わんちゃんが多く食べ過ぎてしまう可能性があります。

多く食べ過ぎてしまうと太りますので、飼い主さんがわんちゃんへ与える量を注意してくださいね。

いかがでしたか?
人間にとっては何でもない野菜でも、わんちゃんにとっては体調を壊してしまう可能性がある野菜があること、わかって頂けましたでしょうか。

正しい知識を身に着けて、わんちゃんの一番うれしいご飯の時間を作ってあげてくださいね!

長い記事を読んでくださってありがとうございました。
あなたとその隣にいるわんちゃんがもっともっと両想いで幸せになりますよう、願っています!