• 犬 関節炎 対策 グッズ
    関節炎対策はこの記事でカンペキ!愛犬がずっと走り回れますように…!
犬の病気・健康

犬が歯ブラシを嫌がるときや噛むときの対処法!歯ブラシの毛を誤飲した際の対処法も

歯ブラシ 噛む 対処法

人間と同じようにわんちゃんも歯磨きが必要です。
虫歯になることは少ないですが、歯周病は高齢になってくるととてもよくある病気の一つになっています。

たかが歯周病というなかれ、最近の研究では歯周病に関すでる菌が歯の根元から身体の中へ侵入して心臓病を引き起こすなんて言われていたりするのですよ。

でも、動物病院で歯磨きをすすめられたけど、歯ブラシを嫌がってしまう…。
わんちゃんに歯ブラシを見せただけでうなられたり、歯ブラシを噛んだりして困ってしまう…なんてことはありませんか?

今回は、わんちゃんが歯ブラシを嫌がるときや噛むときの対処法をお伝えします。
また、歯ブラシを誤飲してしまった際の対処法もありますよ。
ぜひ最後まで読んでくださいね。

歯磨きしないとどうなるの?

歯ブラシ 噛む 対処法
わんちゃんが歯磨きをしないとどうなるのでしょうか。
わんちゃんの口の中の環境は人間の環境と違いますので、虫歯菌が住むことは少ないです。
ですから、虫歯になったとはあまり聞きません。

しかし、日本で3歳以上の成犬の8割が「歯周病」または「歯周病予備軍」と言われるぐらい、歯周病が多く発症しています。

わんちゃんの口の中を見て下さい。
歯が黄ばんでいたり、歯石がついていたりしませんか?
歯の生えている周りの歯茎が赤くなって腫れていませんか?
口が臭かったりしませんか?

これらは全部、歯周病になるサインなのですよ!

歯周病とは

歯ブラシ 噛む 対処法
歯周病とは、どんな病気なのでしょうか。

歯周病の主な原因は、歯の表面にべっとりとついてしまった「歯垢(プラーク)」です。
歯垢は食べ物のカスと細菌の塊で、歯茎に炎症を起こしてしまう原因と言われています。

歯垢をそのまま放置していると、唾液中のカルシウムと結合して沈着し、「歯石」となってしまいます。
歯石は石のように固くなってしまうので、歯ブラシでは取ることができません。

歯石が壁となって歯肉の中にどんどん菌が繁殖し、歯肉炎を起こしてしまうので、歯肉の端が赤くはれて出血しやすくなります。
その菌が出す毒素によって、歯を支える「歯槽骨/しそうこつ」という骨を溶かしてしまい、歯がぐらぐらになって抜け落ちてしまいます。

また、その歯周病を起こす菌が血管に侵入して、心臓や腎臓などに疾患を引き起こす場合もあります。

いったん歯石がついてしまうと、全身麻酔をかけて歯周病の処置を行う必要があります。
グラグラになった歯は、抜歯も必要になります。

歯ブラシを嫌がるとき、噛むとき

歯ブラシ 噛む 対処法
歯ブラシを嫌がるとき、噛むときはわんちゃんが「歯みがきは嫌なもの」と認識しています。

昔のわんちゃんの自然な生活の中では「歯磨き」などは行わない物。
わんちゃんにとって、歯磨きの意味や大切さはわかりません。
理由もなく、口の中に「食べ物以外を入れられて歯をこすられる」ことは、わんちゃんにとって不快で不安で怖い体験になります。

そんな怖い体験の歯磨きを強制的に行った場合や、口の中に異物が入るのに慣れていないわんちゃんが歯磨きを苦手になってしまいます。

わんちゃんが歯磨きを嫌がっていては、歯ブラシも嫌いになりますし、歯ブラシを噛む原因になります。

これでは、歯磨きの時間が飼い主さんにも負担になってしまいますよね。
ではどうすれば歯磨きを好きなわんちゃんになってくれるのでしょうか。

その答えは1つ「慣れさせる」ことです。

誰でも簡単にできる!わんちゃんの歯磨き3ステップ

歯ブラシ 噛む 対処法
歯磨きの大切さはわかっていても、なかなか毎日続けることは難しいですよね。
わんちゃんが嫌がっているのならなおさらです。

しかし、この3ステップを行えば、誰でも簡単にわんちゃんの歯磨きを行えるようになるます!
ぜひ、少しずつ、無理のないようにわんちゃんをいっぱい褒めながら試してみて下さいね。

 

  1. 口を触らせることに慣れさせる
  2. 指にはめるガーゼで歯磨きにトライ!
  3. 慣れてきたら歯ブラシにトライ!

 

口を触らせることに慣れさせる

毎日わんちゃんと遊ぶ機会があると思います。
その際に、ちょっとお口を触ってみて下さい。

歯磨きの練習だから!と気合を入れて真剣に触るのではなく、遊びの一環としてちょっとお口を触ってみる。
慣れてきたら唇の部分を上にあげて、口の中の歯肉もちょこっと触ってみる。
お口を触ることから、わんちゃんが嫌がる歯磨きを連想させないようにする事がコツです。

そして、このお口を触る時間を少しずつ、少しずつ長くしていきましょう。
終わったら、大げさなくらい褒めて褒めて褒めて下さいね!
大好きなオヤツをあげて「歯のお手入れをすると楽しいことが待ってる」とわんちゃんに覚えてもらうのが重要です。

指にはめるガーゼで歯磨きにトライ!

ここで歯ブラシを出してしまうと、いきなり異物が口の中に入ってくるので嫌がるわんちゃんが多いです。
その苦手意識をなくしてくれるのが、指にはめるタイプのガーゼ。

飼い主さんの手がそのまま歯ブラシの変わりになるので、歯磨きが初めてのわんちゃんでも安心して口を開いてくれます。

この指にはめるガーゼを飼い主さんにセットしたら、また遊びの一環として口の中を触ってみる。
少しでも触れたら、たくさんたくさん褒めてあげてください。
また少しでも嫌がったら、無理に続けない事。
急いで全部の歯をやろうとせずに、今日は前歯の下を触ってみよう、明日は右の歯の上にしてみよう…と、場所を変えて少しずつやって行きましょうね。

わんちゃん専用の歯磨き粉もあって、美味しそうな匂いがするフレーバーもありますので試してみてもいいかもしれません。

慣れてきたら歯ブラシにトライ!

次に慣れてきたら歯ブラシにトライしてみましょう。
ガーゼよりも歯ブラシの方が格段に歯垢を除去してくれます。

オススメの歯ブラシは、360度毛が密集している物。
この歯ブラシなら、どの向きにしても歯ブラシが歯にあたってくれるので便利ですよ。

これも最初はいきなり口の中に入れないでください。
まずはわんちゃんに歯ブラシの匂いを嗅がせたり舐めさせたりして、歯ブラシそのものに慣れてもらいます。

慣れてきたら、口の中に入れますが、この時はまだ動かさないでくださいね。
歯ブラシを入れたことだけで、褒めてあげましょう。
この時歯ブラシを噛んでしまうかもしれませんが、厳しく怒ってしまうと歯磨きが嫌なものになってしまうので気をつけましょうね。

力を入れすぎず、ゆっくり少しずつ、飼い主のあなたがリラックスして行ってくださいね。

歯ブラシの毛を誤飲してしまったら

わんちゃんが歯みがきをしている最中に、歯ブラシの毛を誤飲してしまったらどうすればいいのでしょうか。

まずは、わんちゃんの様子を見て下さい。
わんちゃんが何事もないような場合、誤飲した歯ブラシの毛がどれくらいなのか確認してみましょう。
歯ブラシの毛の硬さにもよりますが、誤飲してしまった量が小指の先ぐらいなら、翌日にでもウンチとなって出てくる場合が多いです。

しかし、何度も嘔吐を繰り返していたり、お腹が痛がる様子があればすぐに動物病院に行ってくださいね。
お腹の中に歯ブラシの毛が刺さっているかもしれません。
その場合は緊急手術が必要になります。

歯ブラシの毛を誤飲しないよう、歯磨きを慣れさせる最中に、噛んではいけないよとゆっくり教えておくのも予防策の一つですね。

 

いかがでしたか?
わんちゃんにとって、歯磨きは重要なものとわかっていただけましたでしょうか。

歯ブラシを嫌がるときや噛むときの対処方法は「慣れさせる」ことです。

少しずつ、少しずつ行っていけば、どんなわんちゃんでも歯磨き大好きになってくれますよ!
お口も綺麗になって長生きできるなんて一石二鳥ですよね(^^♪

長い記事を読んでくださってありがとうございました。
あなたとその隣にいるわんちゃんがもっともっと両想いで幸せになりますよう、願っています!