• 犬 関節炎 対策 グッズ
    関節炎対策はこの記事でカンペキ!愛犬がずっと走り回れますように…!
犬のお手入れ

犬の爪切りの正しいやり方!嫌がらない持ち方や出血しないコツなど

爪切り 正しい 持ち方 出血

わんちゃんがフローリングの床を歩いてくるとき、「カチ、カチ、、、」とが当たって音がしていることはありませんか?
実は、それは爪が伸びてきているサイン。
爪を伸びたままにしておくと、そのまま肉球に突き刺さってしまうこともあるのです。

トリミングサロンや動物病院で切ってもらうのは簡単ですが、お家でお手入れができるのなら楽ちんですよね。

今回は、コツさえつかめば簡単なわんちゃんの爪切りの正しいやり方や、嫌がらない持ち方・出血しないコツなどをお伝えします。

これを読めば、爪切りもお家で簡単にできるようになりますよ。

わんちゃんの爪の中には血管がある

爪切り 正しい 持ち方 出血
人間の爪は、伸びてきたら白くなった部分を切れば大丈夫ですね。
わんちゃんの爪はどうでしょうか。

実は、わんちゃんの爪は筒状に生えて来ていて、真ん中に血管が通っています。
白い爪のわんちゃんは、光にすかしてみるとよくわかるはず。
真ん中の色が血管のピンク色になっていますよね。

この血管は、爪が伸びるとともに一緒になって伸びてきます。
つまり、ずっとわんちゃんの爪を伸ばしたままにしておくと血管も一緒になって伸びてしまい、少しでも爪を切ると出血してしまう状態になってしまいます。

わんちゃんに痛い思いをさせないためにも、こまめに爪を切ってあげたいですよね。

爪を切る前に、触られることに慣らす

爪切り 正しい 持ち方 出血

爪を切ろうとして、いきなり指を触って切ろうとしていませんか?
実はそれは大きな間違い!

わんちゃんは、自分の体の「端っこ」を触られるのが苦手です。
鼻の先、耳の先、足の先…。
飼い主さんでも触るのに慣れていないと、嫌がってすっと離れて行ってしまいます。

その際に、待て待てと追いかけてがっしりつかんでしまっては、わんちゃんが爪切り=怖いものだとインプットされてしまって今後の爪切りが難しくなりますよ。

まずは「飼い主が足の先を触ることに慣れてもらう」ことが重要です。

最初は、爪切りのことは忘れてしまって構いません。
遊びの最中に、体を撫でるついでにちょっと爪まで触ってみる。
前足だけでなく、後ろ足も触ってみる。

前足は、わんちゃんが目で見やすい分、嫌がる仕草が多くみられるかもしれません。
嫌がったら、すぐにやめて下さいね。

わんちゃんが機嫌のいい時に少しずつ。
触らせてくれたら思いっきり褒める。
これを繰り返していくと、わんちゃんの足先や爪を触っても全く怒らなくなりますよ。

爪切りに必要な道具は3つ

わんちゃんの爪切りには、必要な道具が3つあります。

  • わんちゃん用ギロチン爪切り
  • 止血剤
  • 爪やすり

わんちゃん用ギロチン爪切り

人間の爪切りは、切断する部分の開く幅が小さくてわんちゃんの爪には合いません。
また、切れ味が悪いとわんちゃんに余計な負担をかけてしまうので、必ずわんちゃん用の爪切りを用意してください。
ギロチン爪切りは、動物病院でもトリミングサロンでもとても一般的に使われているものですよ。
これがあると、爪をどこまで切れるかを視覚で確認できますので、少しずつカットするのに向いています。

止血剤

もし万が一、わんちゃんの爪切りをしている最中に出血をしてしまった際に爪につける止血剤です。
いざ出血をしてしまうと、飼い主もアタフタしてしまうもの。
その緊張がわんちゃんに伝われば、わんちゃんが爪切りを嫌いになってしまうかもしれません。

止血剤は粉状になっていて、出血したところに一つまみ数秒つけるだけですぐに血が止まる優れモノです。

爪やすり

わんちゃんの爪を切りっぱなしにすると、角が立っていて、飼い主のあなたを傷つけてしまう可能性があります。
また、わんちゃんが布などのカーペットに引っかかってしまうことも。
できれば爪切りをした後に、爪やすりを使用して角を取って、触っても痛くない爪にしてあげたいですね。

爪切りに挑戦!5ステップで簡単爪切り

爪切り 正しい 持ち方 出血

では、わんちゃんが爪の先を触られるのが慣れて、道具も準備できたら、実際に爪切りに挑戦してみましょう。
わんちゃんの爪切りは5ステップで簡単に行う事ができますよ!

  1. わんちゃんの体を保定する
  2. 肉球と共に爪を持つ
  3. 爪は少しずつ段階的に切る
  4. 出血したら慌てず止血剤を
  5. 爪やすりで角を取る

では、一つずつ見て行きましょう。

わんちゃんの体を保定する

わんちゃんと飼い主さんの体を密着させて、少しぐらいわんちゃんが動いても大丈夫なように抱きかかえます。
わんちゃんと飼い主さんの間に隙間があると、ちょっとの動きで爪先も動いて上手に切れません。
わんちゃんも、飼い主さんに触れていれば安心してくれますよ。

肉球と共に爪を持つ

爪だけ持つのではなく、肉球をしたから支える感じで上下にちょっと押さえると、わんちゃんの手がパーの形に開きます。
そうすると爪1本1本が見やすくなりますね。

飼い主さんの手のひら全体で爪を支えてあげると、爪を切る時にぐらつかなくてすみますよ。

ここで、気を付けて欲しいポイントが1つ。

わんちゃんの腕や脚は、人間と関節の動き方が違います。
人間はぐるぐると円状に回せるのに対して、わんちゃんは前後にしか動かせません。
関節の動きを無視して、飼い主さんが爪を見やすい位置にもっていくと、わんちゃんが痛くて嫌がってしまいます。

関節の動きの違いを理解しながら、無理のない範囲で爪をもって下さいね。

この時、切る側の肘やひざにあたる関節を体に密着させるのがコツ。
関節を抑えると、わんちゃんが動かずに済みますよ。

爪は少しずつ段階的に切る

爪切り 正しい 持ち方 出血

最初に切る爪は一気に切るのではなくて、段階的に切って行きます。
長く伸びているからと言って、付け根まで一気に切ってしまうと、出血する原因になります。

どこまで血管が伸びているかわからないので、はじめは少しずつ切っていきましょう。
爪に対して90度で切り進めたら、爪の真ん中あたりをのぞいて下さい。
真ん中が、周りの爪より柔らかい点のようなものが出てきたら、「もうすぐ血管がある」サイン。

それ以上は切らずに、今度は爪の長さは変えず角を落とすように周りを切ってください。
一つの爪の血管の長さが分かれば、その他の爪もほぼ同じだけ血管が伸びています。
慣れてきたら、その他の指の爪はその長さまで一気に切ってみてもいいかもしれませんね。

黒い色の爪から切るのではなく、血管が透けてみやすい白い色の爪から切るとわかりやすいですよ。

出血したら慌てず止血剤を

爪を切り過ぎて出血してしまうと、飼い主さんは慌ててしまうもの。
しかし、そこでバタバタしてしまっては、わんちゃんに不安や恐怖心を与えてしまい、次の爪切りの際に怖がって逃げてしまうことにつながるかもしれません。

爪からの出血はよくあること。
飼い主さんが落ち着いてすかさず止血剤を使用し、すぐに出血を止めて下さいね。

爪やすりで角を取る

仕上げに爪やすりで、カットした爪の角を取ります。
爪やすりを前後に動かすだけでなく、丸く円を描くように動かすと、わんちゃんの筒状の爪がなめらかに仕上がりますよ。

爪やすりは細かく動かすと、細かく削れ、大きく動かすと多く削れます。
初めは大きく動かし、仕上がっていくにつれて細かく動かして行きましょう。

最後に手で爪全体を触り、角が当たって痛くないことを確認したら出来上がりです!

 
爪切りでもしつけでも、何でも言えることですが、わんちゃんが嫌がったら無理をしないことです。

嫌がるのに無理やり抑え続けると、飼い主さんには手に負えないくらい暴れる子になってしまいます。
(動物病院ではこういった爪切り恐怖症の子が何人もいて、爪を切るだけなのに、3人がかりで噛まれないように汗だくで保定する…と言った事が結構ありました(;^_^A)

爪は1日,2日で伸びるものではありませんので、今日は右手の前足、明日は右の後ろ足…というように、徐々に切っていけば大丈夫ですよ。

長い記事を読んでくださってありがとうございました。
あなたとその隣にいるわんちゃんがもっともっと両想いで幸せになりますよう、願っています!