• 犬 関節炎 対策 グッズ
    関節炎対策はこの記事でカンペキ!愛犬がずっと走り回れますように…!
犬の食事

犬がネギを食べたらダメな理由は?中毒症状や食べてしまったときの対処対応

犬 ネギ 中毒症状 対処

キッチンで料理をしていると、気がつくと我が家のわんこがリビングからじっとこちらを見ています。
「なにか落とさないかな」と。
落としたらパクッとしてやる、とでも思っているのでしょう。

キャベツや人参、白菜などはまだ良いのですが、ネギを切っているときは絶対落とさないように気を使います。
なぜなら、私たちの食事には当たり前のように使われるネギ類は、犬にとっては危ない食べ物だからです。

ここでは、なぜ犬がネギを食べてはいけないのか、万が一食べてしまった場合に起きる症状対処法をみていきます。

なぜ犬にネギは食べさせてはいけないの?

チョコレートと同じように、ネギ類を犬が食べることで、中毒症状を起こす可能性があります。
最悪の場合、死に至ることもあるのです。

犬 ネギ 中毒症状 対処

ネギを食べてしまったとき、犬の体内では何が起こっているのか

ネギ類には、アリルプロピルジスファイドという有機硫黄化合物が含まれています。
人の体は、このアリルプロピルジスファイドを分解することができますが、犬の体はできません。

犬がこのアリルプロピルジスファイドを摂取することで、赤血球内のタンパク質であるヘモグロビン破壊されてしまいます。
それが、「溶血性貧血」を起こす原因となり、中毒死に至る場合もあります。

これは、タマネギ・長ネギ・ニラ・ニンニク・らっきょう・ショウガなどネギ類全般にいえることです。
また、直接ネギを食べるだけではなく、ネギの成分が溶け出した料理・汁でも同様に中毒を起こす可能性があります。

ちなみに、人もネギ類を一気に過剰摂取すると同じようなことが起こるそうです。

どのくらいの量で危険?

犬の体重や体質など個体差はありますが、一般的に、
犬の体重に対し15~20g/kgで中毒を起こすと言われています。

犬がネギを食べたらどうなるの?

どんな症状がでるのか

もしも犬がネギを食べてしまったら、前項にもあるように「溶血性貧血」の症状が出てきます。

「溶血性貧血」って?

溶血性貧血とは、血中の赤血球を破壊させることによって全身に酸素が行き渡らなくなる状態のことをいいます。
つまり、全身が酸欠状態になってしまいます。

溶血性貧血になると、次のような症状が現れます。

・食欲がなく、ぐったりして元気がない
・運動をしたがらない
・呼吸困難
・口の回り、口の中の粘膜が白っぽくなる
・肝臓や脾臓が腫れる
・黄疸(白目や口内粘膜が黄色くなる)
・尿の色が濃くなる(赤茶色に近くなる)
・下痢、嘔吐
・心臓の鼓動が早くなる  など

犬がネギ類を食べてこのような中毒症状を起こすことを、一般的に「タマネギ中毒」ともいいます。

加熱すれば大丈夫?

加熱調理をしても、ネギ類に含まれるアリルプロピルジスファイドは変化しません。
なので、加熱しても犬に与えてはいけません。

どのくらいの時間で症状がでるの?

食べてすぐに症状がでるわけではありません。
一般的には2~5日後ほどで発症すると言われていますが、早いと12時間くらいで出てくることもあるようです。
そのため、犬がネギを食べてしまったけど元気だから…と安心せず、すぐにかかりつけの獣医さんに相談してください。

万が一、犬がネギを食べてしまった場合の対処法

ちょっと目をはなした隙に、犬がネギを食べてしまった!
食べてすぐであれば、吐き出させるのが良いでしょう。
ただ、吐き出させるにしても、一度獣医さんに相談して指示を仰ぐことをおすすめします。

もし、何らかの事情でご自分で吐き出させなければならない場合のために、一般的に知られている2つの方法をご紹介します。

応急処置で、異物を吐き出させる方法

※肝臓など内蔵に問題のある犬の場合は、病気を悪化させる可能性があるので避けましょう。

オキシドールを使う方法

犬の体重5kgに対し1ccのオキシドールを飲ませることで、胃の中に酸素を発生させて吐かせます。
(スポイドなどで犬の口の端から注入し、手で口をふさいで上を向かせると飲み込みます)

食塩を使う方法

5kg前後の小型犬でティースプーン1/2くらい、10kgの中型犬でティースプーン1杯程度の食塩を、犬の舌の上に乗せると、犬が塩を食べるます。
それにより水を大量に飲み、吐き出させます。

どちらも、処置後15分以上しても吐かなかったら再度試してみてください。
それでも吐かないようでしたら、これ以上ご家庭で対処するのは危険なので病院へ連れて行きましょう。

これらの方法は、どちらかというとオキシドールの方がおすすめです。
食塩の場合、吐かないからといって何度か試すことで、塩分の過剰摂取による食塩中毒を起こし、死を招く場合があるからです。
特に小型犬の場合は注意して下さい。

ちなみに、塩の、犬の体重に対しての致死量は4g/kgとのことです。

なるべく病院で処置してもらうようにして、もしご家庭での処置となった際は十分に注意して行って下さい。

犬 ネギ 中毒症状 対処

飼い主として、犬のためにできること

・カレーやお鍋、うどん、みそ汁など、ネギ類の入った人間の食事を犬に与えないようにしましょう!
・調理中にネギが落ちて犬が拾い食いすることのないよう気をつけましょう!(キッチンへの柵設置など)
・犬の届くところには、ネギの入った食べ物を置かないようにしましょう!

ネットではしばしば、
「犬がネギを食べても大丈夫だった」とか
「ネギを食べて死んじゃうなんて大げさ」
などという声も見られます。
しかし、犬にも私たち人と同じように個体差があります。
少量食べても大丈夫な犬もいるのでしょうけど、多くの犬にとってネギ類は危険なものです。

私たち飼い主が正しい知識を身につけて、多くのわんこと飼い主さんが安全で幸せな暮らしを送れますように!

【NEWS】電子書籍を出版します!

近々『愛犬の体調にあわせたおすすめ食材図鑑』という電子書籍を出版する予定です☆



「いまのわんこの体調にはどんな食べ物があう?」
「おすすめの食材にはどんな働きがあるの?」
「どんな風に調理して、どう食べたらいい?」
「うちのわんこの場合、適量はどのくらい?」

これらの疑問を一瞬で解決するガイド本です。

書籍の詳細をお知りになりたい方は以下からご連絡ください。
登録者さまには、Aamazonギフト券があたる【お得な発刊キャンペーン】もお知らせいたします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です