• 犬 関節炎 対策 グッズ
    関節炎対策はこの記事でカンペキ!愛犬がずっと走り回れますように…!
犬の食事

犬にエビやカニなど甲殻類を食べさせても大丈夫?生でもいい?適量や効能・おすすめの与え方も

エビ カニ 甲殻類 適量

年末が近づく頃になると、毎年友人からエビが届きます。
まだ動いているエビに、毎年興味津々の我が家の愛犬ですが与えて良いのか悩みました。
同じように犬にエビやカニのような甲殻類を食べさせても良いの?と思った方は多いと思います。

また、で与えても良いのでしょうか?
どのくらいが適量で、効能には、どのようなものがあるのでしょうか?
おすすめの与え方についても、知りたいですね。

今回のテーマは、「犬にエビやカニなど甲殻類を食べさせても大丈夫?生でもいい?適量や効能・おすすめの与え方についても」です。

犬にエビやカニなど甲殻類を食べさせても大丈夫?

エビ カニ 甲殻類 適量

エビやカニには、殻やスジ(腱)があります。
人間でも硬い殻やスジ(腱)は消化できないので、食べませんよね?
ですから与える方は見えないと思いますが、同じようにワンちゃんも消化できません。

ですが殻の柔らかいものは、乾煎りして、すり鉢で細かくし、ふりかけにすることもあると思います。
このように調理した場合は、ワンちゃんにも与えると人間と同じようにカルシウムの補給になりますよ。(^▽^)/

加熱したエビやカニの身は、消化が悪いと思われがちですが実は消化が良いのです。
わんこにも、与えたい食品なんですよ!(^_-)-☆

ですが毎日ではなく、たまに与えてください。
人間も毎日は食べませんものね。ワンちゃんも同じです。

ただ人間用と違い、味付けはせずに加熱してから与えてあげてください。
ゆでて、ゆで汁と一緒に与えるのが良いでしょう。

犬にエビやカニなど甲殻類を生で与えて大丈夫?

エビ カニ 甲殻類 適量

春と秋には、生の桜エビが出回りますよね。
私たちはやっぱり「生で食べる桜エビが、最高♪」と感じますが、ワンちゃんには必ず加熱してから与えてください。

カニも、お刺身は甘くって美味しいですよねぇ。
しかし甲殻類をわんこに生で与えるのは、NGです。

甲殻類を摂取すると、酵素チアミナーゼがビタミンB1を分解するため、体内のビタミンB1が欠乏してしまうそうです。
ですから、甲殻類を与えようと思ったら必ず加熱しなければなりません。

加熱されると、酵素は破壊されて安全になりますので与えても問題ないですよ。

ただ甲殻類アレルギーのワンちゃんは、加熱してもアレルギー反応が出る場合があります。
初めて与えるときは、アレルギーのことも念頭に置き少量からスタートしてください。

犬にエビやカニなど甲殻類を与えるときの、適量や効能は?

犬に与えるときの、エビやカニの適量

犬種や体調にもよりますが、目安をご紹介します。

<ゆでた桜エビの場合>

  • 5キロのワンちゃんで、15グラム
  • 10キロのワンちゃんで、25グラム
  • 20キロのワンちゃんで、45グラム

 

<乾燥した桜エビの場合>

  • 5キロのワンちゃんで、3グラム
  • 10キロのワンちゃんで、5グラム
  • 20キロのワンちゃんで、9グラム

ゆでた場合も乾燥の場合も、5キロのワンちゃんで約大さじ二杯程度です。
カニも同じように、目安にしてください。

犬に与えるときの、エビやカニの効能

海のミネラルを豊富に取り込んだ食べ物ですし、カルシウムも豊富です。
特に乾燥桜エビは、カルシウムが生のものより断然多いそうですよ!
シニアのワンちゃんや、肥満でお困りのワンちゃんの関節応援には、最適ではないでしょうか?
食の細いワンちゃんの、食欲増進にも効果があります。

犬にエビやカニなど甲殻類のおすすめの与え方は?

加熱して与えるのが基本ですが、ゆでて与えると良いでしょう。
乾燥の桜エビも、お湯で戻して柔らかくしてから与えましょう。
戻したお湯も、一緒にワンちゃんに与えましょう。
良い御出汁が出ているので、きっと喜びますよ!(⌒∇⌒)

 

若くて健康なワンちゃんには乾燥桜エビを、そのまま「おやつ」として与えてもOKです。

我が家の与え方

お正月のみ、我が家のわんこにも伊勢エビをおすそ分けしております。
贅沢でしょっ。(⌒∇⌒)

実は、私の友人が「わんこに食べさせてあげて!」
とお歳暮として送ってくれるので、本当は逆なんです。
これは、わんこには内緒です。(^^♪

人間がお味噌汁として頂くとき、伊勢エビの殻と頭で出汁を取るのですが、お味噌を入れる前にわんこ用にもこの出汁を取り分けます。
その出汁で、わんこにあげる分だけのエビの身を小さく切ってさらにゆでて、ドックフードにかけています。
これが、我が家のわんこのおせちです。(^^;

カニ鍋をするときも、同様です。

カニの出汁だけ別に取り出し、カニの身を細かくし、さらにゆでてからドックフードにかけています。
ネギを入れる前の出汁を、わんこ用に取り分けておくのがポイントですね。(^▽^)/

我が家のわんこは、白いごはんが好きなのでドックフードにかけず、白いごはんに混ぜるときもあります。
味付けはしていませんが、美味しそうに食べてくれますよ。
おためしください。

家族の一員ですので、美味しいものを食べるときは一緒に食べたいんですよねぇ。
アレルギーだったり与えてはイケナイ食品は別ですが、どんなものでも一緒に食べると美味しさ倍増です。

エビやカニのような甲殻類は、与えてはイケナイ物!と思っている方も見えるそうです。
しかし与え方次第では、素晴らしい栄養素のある食品です。

特に関節が弱いワンちゃんシニアのワンちゃんには、サプリメントももちろん良いですが、食品からカルシウムをゲットできますよ。
おすすめです、おためしください。(^^)/

【NEWS】電子書籍を出版します!

近々『愛犬の体調にあわせたおすすめ食材図鑑』という電子書籍を出版する予定です☆



「いまのわんこの体調にはどんな食べ物があう?」
「おすすめの食材にはどんな働きがあるの?」
「どんな風に調理して、どう食べたらいい?」
「うちのわんこの場合、適量はどのくらい?」

これらの疑問を一瞬で解決するガイド本です。

書籍の詳細をお知りになりたい方は以下からご連絡ください。
登録者さまには、Aamazonギフト券があたる【お得な発刊キャンペーン】もお知らせいたします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です