• 犬 関節炎 対策 グッズ
    関節炎対策はこの記事でカンペキ!愛犬がずっと走り回れますように…!
犬の食事

犬はチョコレートをどのくらいの量なら大丈夫?大量ではなく少量の場合でも吐かせる必要があるの?

チョコレート 大量 少量

テーブルの上に出しておいたチョコレートがなくなってる…犯人はわんこでした!
そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。

でも、皆さん、ご存知ですか?
チョコレートが犬にとって危険な食べ物であるということを。

え?でも、うちの子、食べても大丈夫だった、という飼い主さんもいらっしゃるでしょう。

しかしある程度のを食べると、場合によっては命の危険すらあるようです!

ここでは、犬にとってのチョコレートの危険な摂取量と少し食べてしまった時の対処について見ていきましょう。

犬にチョコレートが危険な理由

チョコレート 大量 少量

犬がチョコレートを食べることは、なぜ危険なのでしょうか?

「チョコレート中毒」という言葉をご存知でしょうか。
これは犬がチョコレートを食べて起こす中毒症状のことを言います。

犬がチョコレート中毒になると、下痢・嘔吐、多尿、発熱、不整脈、けいれん、ふらふらする、興奮・抑うつなどの精神不安定、血尿・血便、脱水症状などの症状を伴い、最悪の場合、死に至ることもあるのです。

これが、チョコレート中毒です。

犬にとってのチョコレートの危険な摂取量

チョコレート 大量 少量

では、なぜ犬がチョコレートを食べると中毒になるのでしょうか。
また、どのくらいの量食べると危ないのでしょうか。

チョコレートの成分について

チョコレートには、ポリフェノール、テオブロミン、ブドウ糖、食物繊維、ビタミン・ミネラル類などの成分が含まれ、人間の体にとって有効に作用する場合もあり、近年話題になっています。

ここで問題なのが、このテオブロミンです。

テオブロミンは、チョコレートの原料であるカカオに含まれる成分です。
脳の活性化(集中力や記憶力を高める)・覚醒・自律神経を整えるなどの効果があると言われています。
またその反面、弱い興奮作用や利尿作用、心悸亢進(心臓がドキドキする)などの作用もあります。

犬は、体の構造上、このテオブロミンをなかなか分解することが出来ません。
1回テオブロミンを摂取すると、それを半量分解するのに17.5時間、全部分解するのに1日ちょっともの時間を要するといわれています。

このように、テオブロミンの解毒分解に時間がかかり犬の体内に長い時間存在してしまうため、上にある中毒症状を起こしてしまいます。

実際、どのくらい食べると危ないの?

冒頭にもあるように、チョコを2~3かけら食べてしまったけれど、特に何も起こらなかった、という例もよく耳にします。

個体差はありますが、一般的に、犬の体重1kgに対してテオブロミン50mg~100mgで中毒症状がおこり、250mg~500mgで致死量に達すると言われています。
つまり、中毒症状出始めの量の5倍で致死量となります。

チョコレートの種類と摂取量

チョコレートにも、一般的なミルクチョコからビターチョコ、スウィートチョコなど、いろいろ種類があり、それぞれカカオの含有量が異なります。
最近人気がありよく目にするのが、カカオ70%以上の高カカオチョコレートです。

メーカーにもよりますが、各種チョコレート100gに含まれるテオブロミン量の目安がこちらです。

・ミルクチョコレート 200mg前後
・ダークチョコレート 500mg前後
・高カカオチョコレート 600mg~1000mg
・製菓用チョコレート 1500mg前後

チョコレート、とひとことに言っても、こんなにちがうのです。
そして製菓用のチョコレートのテオブロミン含有量はとても多いのですね!
チョコレートの入っているクッキーやパンも、油断なりません。

以下、ご参考までに、危ないチョコレートの量を算出する計算式です。
あくまで一般的な含有量のものに対してです。

《中毒を起こす可能性のあるチョコレート量を出す計算式》
犬の体重(kg)×50(mg)÷各チョコレートのテオブロミン量(mg)×100=(g)《死に至る可能性のあるチョコレート量を出す計算式》
犬の体重(kg)×250(mg)÷各チョコレートのテオブロミン量(mg)×100=(g)

ちなみに、一般的なミルクチョコレートですと以下のとおりです。
1枚70gで計算しています。

  • 5kgの犬 →約125g(板チョコ約1枚半)で中毒症状
  • 10kgの犬→約250g(板チョコ約3枚半)で中毒症状
  • 15kgの犬→約375g(板チョコ約5枚)で中毒症状
  • 20kgの犬→約500g(板チョコ約7枚)で中毒症状
  • 25kgの犬→約625g(板チョコ約8枚半)で中毒症状
  • 30kgの犬→約750g(板チョコ約10枚半)で中毒症状

そしてこれのだいたい5倍の量が致死量だと思って下さい。

愛犬がちょっとだけチョコレートを食べちゃった時の、飼い主さんのやるべきこと

中毒を起こす可能性のあるチョコレートの量を見てみると、犬の体重から比べてそれなりの量の摂取を摂取しないと中毒を起こさないように感じます。

しかし、私たち人間と同じように、犬にも個体差がありますので、安心は禁物です。

まずは落ち着いて、犬の様子を見てあげましょう。
そして念のため、かかりつけの獣医の先生に連絡をとって、指示を仰いでください。

何度も言いますが、ここに書いたものは一般的な例であり、個体差があります。
何かあってからでは遅いのです。

チョコレート中毒の症状は、食べてから約6~12時間で現れるといいます。
また、先ほどもありましたが、摂取後24時間はテオブロミンが分解されずに体内にあるため中毒を起こす可能性があり、注意が必要です。

犬とチョコレートについては、別頁でも詳しく説明していますので、そちらもご参照ください。
緊急時の吐き出させる方法なども載っています。

愛犬といつまでも幸せに暮らすためにも、正しい知識を身につけて対処したいものですね!

【NEWS】電子書籍を出版します!

近々『愛犬の体調にあわせたおすすめ食材図鑑』という電子書籍を出版する予定です☆



「いまのわんこの体調にはどんな食べ物があう?」
「おすすめの食材にはどんな働きがあるの?」
「どんな風に調理して、どう食べたらいい?」
「うちのわんこの場合、適量はどのくらい?」

これらの疑問を一瞬で解決するガイド本です。

書籍の詳細をお知りになりたい方は以下からご連絡ください。
登録者さまには、Aamazonギフト券があたる【お得な発刊キャンペーン】もお知らせいたします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です