• 犬 関節炎 対策 グッズ
    関節炎対策はこの記事でカンペキ!愛犬がずっと走り回れますように…!
犬の食事

犬はにんじんを食べても大丈夫?メリットやアレルギーなどの注意点も詳しく

にんじん メリット アレルギー

多くのご家庭にストックしてある、常備野菜であるにんじん
にんじんが大好きなわんこも多いですよね!

見るからに栄養たっぷりのにんじんですが、犬にとっても良い効果があるみたいです!

ここでは、にんじんの栄養と食べることでの効果、また与える時のおすすめのあげ方や注意事項をみていきましょう。

犬ににんじんをあげても大丈夫?

冒頭にもありますが、犬ににんじんをあげても問題はありません。
体調を見て、注意事項さえ守れば、日常的に与えても大丈夫です。

にんじん メリット アレルギー

にんじんの栄養

にんじんは、活性酸素を強力に抑えるβカロテンの量が野菜の中でトップを誇る優秀な食材です。
また、水分は約89%と豊富に含まれています。

にんじんの代表的な栄養素とその働きは次のとおりです。

  • ビタミンA(βカロテン)…免疫力アップ、目の健康維持
  • カリウム…塩分(ナトリウム)の排出を促し、細胞内外の浸透圧を調整する
  • 食物繊維…整腸作用、腸内環境の改善、デトックス効果

犬の体への効果

では、これらの栄養素は、犬の体内でどのような効果を発揮するのでしょうか。
一般的にいわれているものをあげてみました。

・病気や老化の予防
・血液の生成
・白内障予防
・便秘の改善
・体内の有害物質の排泄を促す  など

フード中心の食事で便秘気味の犬に、少量トッピングしてあげて食べさせても良いかもしれませんね。

犬ににんじんを与えるとき、注意することは?

では実際、犬ににんじんを食べさせるとき、どういったことに注意すれば良いのでしょうか?

適量ってどのくらい?

どんな食べ物も、犬も人も、1種類のものをたくさん食べてしまうのは良くありません。

体質などの個体差もあるので一概にはいえませんが、犬にとってのにんじんの目安の量

・5kgくらいの小型犬で約20g
・10kgくらいの中型犬で約30g
・20kgくらいの大型犬で約60g

といわれています。

どうやってあげるのがいい?

にんじんの良い成分は加熱しても壊れません。

ただし、生のにんじんはビタミンCを壊してしまう酵素が含まれているので、あまり好ましくありません。

《おすすめの与え方》

・焼く、炒める、レンジで加熱する
前述のビタミンCを壊してしまう酵素は、熱に弱い性質を持っています。
また、茹でるとビタミン類が流出してしまいます。
炒める・焼く・レンジでの加熱であればビタミンを壊す酵素は弱まり、他のビタミンが減ることもありません。

・少量の植物性オイルで炒める
にんじんはオイルとの相性が良く、オイルので炒めることでカロテンの吸収率がぐっとアップします。
皮ごとすりおろすか、細かくみじん切りにして、少量の植物性オイルで炒めるのがおすすめです。

・皮ごとすりおろしてあげる
皮に栄養分が多いので、皮ごとすりおろしたにんじんをレンジで加熱して、それをヨーグルトと混ぜてデザートにしてあげても、犬は喜びます。

・手作り食の場合は、お肉や甲殻類と一緒にあげることで栄養バランスもアップします!

にんじん メリット アレルギー

わんこのために、飼い主さんが気をつけたいこと

・あげ過ぎに注意しましょう!
先にもありましたが、過剰摂取は禁物です!!
摂りすぎることで、体に良い効果を与えていたものが逆の効果に転じてしまいます。

  • 食物繊維…豊富な反面、過剰摂取で軟便や下痢の原因に。また、その逆で便秘になることもあります。
  • カリウム…過剰摂取で高カリウム血症のリスクを高める可能性があります。

・にんじんアレルギーに注意しましょう!
ごくまれにですが、にんじんアレルギーをもっている犬もいます。
そのため、にんじんを初めて食べさせる時は、まずは少量を与えて様子を見てあげて下さい。
食後に嘔吐・下痢・かゆみや腫れなどのアレルギー症状がみられたら、病院に相談しましょう。

なるほど、あげ方を注意すれば、犬にとってのメリットは多そうです。
適量を守って、わんこの健康をサポートしたいですね!