• 犬 関節炎 対策 グッズ
    関節炎対策はこの記事でカンペキ!愛犬がずっと走り回れますように…!
犬の病気・健康

犬のがんの予防や治療によい食べ物まとめ!ドッグフードならおすすめは?

がん 食べ物 予防 ドッグフード

今や、4頭に1頭のワンちゃんがガンになる可能性があるといわれています。
愛犬をガンのリスクから守るために、毎日の食事を見直してみるという方法があります。

ここでは犬のガン治療・予防に効果があるといわれている食べ物やドッグフード、サプリメントなどをみていきます。

犬の食事は人とは違う!

犬はもともと肉食動物です。
犬にとって大切な栄養素はタンパク質で、私たち人間の約4倍ものタンパク質を必要としているといいます。
もし犬の体内でタンパク質が低下してしまうと、元気や食欲の低下、ホルモンバランスの崩れ、免疫力低下などがみられます。

がん 食べ物 予防 ドッグフード

犬のガン予防・治療のための食事のキーワード

犬のガン対策のための食事で大切なことは次の3点です。

  • 高タンパク
  • 低炭水化物(=糖質制限)
  • 天然・高品質

何で大切なのか?その理由!!

高タンパク

冒頭にもあるように、犬はタンパク質を多く必要とする体をしています。
タンパク質は、免疫力向上と代謝の促進を保つ大事な栄養素であります。

低炭水化物(=糖質制限)

穀物ベースの食品は高温処理をされていて、発がん物質を生産しやすいといいます。
また、トウモロコシや小麦などの穀物は単糖に分解されるのですが、ガンはその単糖をエサにするともいいますので、炭水化物は控えめにした方が良いようです。

そもそも、トウモロコシや小麦などの穀物は、消化不良やアレルギーを起こしやすかったりと、犬にはあまり有益ではないといいます。
本来、犬は肉食だったので、犬にとって穀物は絶対必要なものではないのです。
ただ、便通の改善やダイエットなどの効果、コストカットなどの理由で、フードには含まれることがあります。

天然・高品質

低品質なフードは科学的な添加物が含まれ、発がん性物質が含まれている可能性も高くあります。

 

では、こういったキーワードを踏まえた食品やサプリメントをピックアップしましたので、次項でご覧ください。

犬のガン治療・予防に効果的な食べ物まとめ!

がん 食べ物 予防 ドッグフード

犬のガン治療・予防に効果的な食材の例

◯抗酸化作用のあるもの
ベリー系の果物、ブロッコリー、にんじん、ニンニク、昆布、ザクロ、しいたけ、トマト、緑茶など

※ニンニクは犬に与えると危ない場合もあるので、サプリメントでの摂取がおすすめです。

◯オーガニックココナッツオイル(抗腫瘍特性の脂肪酸が多く含まれている)やアマニ油

◯魚の脂

◯キノコ(免疫力向上、抗炎症、抗菌、免疫刺激、抗酸化特性があるもの)
冬虫夏草、レイシ、シイタケ、マイタケ

◯水素水(水素水にも、抗酸化作用があるそうです)

犬のガン治療・予防に効果的なドッグフードの例

・いぬこころ
http://dog-gan.com

・ケイナインキャビア

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ケイナインキャビア (CANINE CAVIAR) 鴨肉ディナー 1kg 【あす楽】
価格:2268円(税込、送料別) (2016/10/25時点)

 

犬のガン治療・予防に効果的なサプリメントの例

・プライオ

・コルディM

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コルディM30g入り 犬猫用サプリメント
価格:6000円(税込、送料別) (2016/10/25時点)

 

・ダイリン スーパープロポリス(人間用ですが、愛犬に与えている方も多いようです)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイリン スーパープロポリス 1g×32包
価格:4960円(税込、送料別) (2016/10/25時点)

 

・ミドリムシのちから

 

がん 食べ物 予防 ドッグフード

犬のガン対策のために食事でできること

毎日の食事は愛犬の体を作っている、愛犬の源です。
ガンだけでなく、愛犬の健康維持と幸せな生活のために、まずはワンコの食事の見直しをしてみるというのはいかがでしょうか。

いろいろな情報が溢れていて、何から始めればよいのか分からなくなってしまいます。
でも難しく考えずに、簡単に始められる4点をあげてみました。

  • 科学的な添加物の多いフード・おやつは避けましょう。
  • 白米、パン、うどんなど炭水化物はなるべく控えましょう。
  • 穀物の比率の高いフードは与えないようにしましょう。
  • カボチャ、さつまいも、じゃがいもなどの糖質の高いものを大量に与えないようにしましょう。

愛犬のがん対策で完全手作りフードを考えてらっしゃる方もいらっしゃると思います。
ただ、そのハードルが高いと感じていらっしゃる飼い主さんもまた、少なくはないと思います。
そんなときは、簡単に、ドライフードに高タンパク質食品をトッピングするというやり方もおすすめです。

フードを減らして、その分、鶏ささみや牛肉の赤身、鮭、サバなど高タンパク質食品をお湯で茹でてスープにし、かけてあげるだけです。
フードの栄養バランスを保ちつつ、炭水化物の糖質を減らしてタンパク質を多くとることができます。

これなら簡単にできますね!

最後に、愛犬のためのがん予防・治療のための食事や生活についての、こんな本があります。
参考までに、ご覧ください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛犬のためのがんが逃げていく食事と生活 [ 須崎恭彦 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2016/10/25時点)

 

いざというときのために、私たち飼い主の手助けになってくれる知識も載っていますよ。