• 犬 関節炎 対策 グッズ
    関節炎対策はこの記事でカンペキ!愛犬がずっと走り回れますように…!
犬の病気・健康

犬の関節炎・関節痛の対策まとめ!おすすめのフードやサプリメントは?

犬種 病気 予防策 まとめ

自宅でできる関節炎のケア

関節炎の症状を抑え、悪化させないためには、自宅でのケアが欠かせません。
基本は適度な運動で関節まわりの筋肉を維持することと、適正な体重を保ち関節に負担をかけないようにすること。
そのためには日々の体調管理と食事の改善が重要なのです。

関節炎のケア①マッサージ

マッサージは血行や代謝を促し、関節炎の痛みを和らげるとともに、自然治癒力を高めてくれます
飼い主さんと愛犬の絆を深める効果もあり、さらに直接犬の体に触れることで、体調の変化に気付きやすいというメリットも。

ただ、揉みほぐすようなマッサージは、素人が行うのは危険です。
指の腹を使い、時計回りにゆっくりと円を描くように、優しく体を撫でてあげましょう。

みずき
マッサージの時はワンコの表情や息遣いを気にしてあげるのがポイントね。リラックスしてくると呼吸もゆったりとしてきます♪
バウ
1日に15分くらいを目安に、お互いリラックスした状態でやってみて欲しいワン♪

関節炎のケア② 関節に良い食材

関節炎を改善するには、必要な栄養素を積極的に食事に取り入れてあげましょう。
関節炎に良いとされるのは、軟骨を構成する成分であるコンドロイチンやグルコサミン、コラーゲン、ヒアルロン酸などです。

これらの成分が豊富に含まれている食材の代表が、鶏の手羽先です。
特に先端部分は軟骨を多く含むので、おすすめです。

【鶏の手羽先を愛犬に与えるときのポイント】

近年では「生」のまま与えても良いと言われていますが、鮮度が良いものに限られます。
新鮮なものが手に入らない場合は、加熱して骨を外してあげると安心です。

またDHAやEPAといったオメガ3脂肪酸は、関節の炎症を軽減してくれます。
サンマやイワシのような、青魚に多く含まれています。
塩分無添加のにぼしなどはカルシウムも補給できるので、おやつにしてもいいですね。

バウ
食事は毎日のことなので、ドッグフードももちろん使ってもらって大丈夫だワン♪
みずき
じゃ、どうせなら関節炎のワンちゃんにもおすすめのフードがいいわね♪人気なのはどれかしら?

関節炎におすすめのドッグフード

そもそもドッグフードは、手作りフードでは摂取しにくい栄養素もバランスよく配合されています。
その中でも、関節炎に良い成分を豊富に含んでいる、カロリーに配慮されているなど、関節炎におすすめのドッグフードをご紹介します。

関節炎におすすめのドッグフード一覧

(スマホからの閲覧の場合でも、表は横にスクロールできます)

商品名 カナガン ネルソンズ アランズナチュラル
ドッグフード
ロイヤルカナン
関節サポート
原産国 イギリス イギリス イギリス フランス
価格・内容量 約4,000円/ 2kg 約4,000円/ 2kg 約4,000円/ 2kg 約5,000円/ 3kg
含有栄養素 ・グルコサミン
・コンドロイチン
・オメガ3脂肪酸 など
・グルコサミン
・コンドロイチン
・オメガ3脂肪酸 など
・オメガ3脂肪酸
・オメガ6脂肪酸 など
・グルコサミン
・コンドロイチン
・オメガ3脂肪酸 など
特徴 ・グレインフリー(穀物不使用)
・人口添加物無添加
・人間も食べられる厳選素材
・小粒で子犬もOK
・グレインフリー
・人口添加物無添加
・7ヶ月~7歳までOK
・アレルギー食品(小麦・トウモロコシ)不使用
・人口添加物無添加
・人間も食べられる厳選素材
・低カロリー・高たんぱく
・関節疾患の犬専用フード
・関節の健康に良い複数の成分を配合
・低カロリー(一般用より約10%減)

 

食事は体をつくる、大切な源です。
関節炎に良いだけではなく、犬の健康維持に適したドッグフードを選ぶようにしましょう。

関節炎対策で注目したい2種類の栄養素

関節炎に良い食材やドッグフードを与えたりと、 食生活の管理は関節炎のケアには必須です。
しかし、老犬や食が細い犬などは、食事だけでは十分に栄養が摂れないこともあります。
このような時にはサプリメントを併用し、栄養を補うのが良いでしょう。

特に、関節炎の場合は、次の2種類の成分に注目してみましょう。

【軟骨の基礎成分となるもの】

  • グルコサミン(新たな軟骨の生成を促し、炎症を抑える効果もある)
  • コンドロイチン硫酸(軟骨を破壊する酵素を抑制し、軟骨のクッション性を高める)
  • コラーゲン(軟骨の主成分であり、軟骨の形を維持する)

【炎症・痛みを抑える成分】

  • MSM(メチルスルホニルスタイン:コラーゲンの生成に必要であり、痛みや炎症も抑制する)
  • 緑イ貝(軟骨を破壊する酵素、痛みの原因となる酵素の働きを抑止する)
  • オメガ3脂肪酸(血液の流れをスムーズにし、抗炎症性代謝物が痛みや腫れ・炎症を緩和する)

ですから、

初期の関節炎の場合→「軟骨の基礎成分」が含まれているもの

すでに痛みなどが強く現れている場合→上記に加え「炎症・痛みを抑える成分」が含まれているもの

 

を選ぶのを基本としていくといいでしょう。

ちなみに、グルコサミンには3つの種類があります。

      • グルコサミン硫酸塩
      • グルコサミン塩酸塩
      • N-アセチルグルコサミン

一般的なサプリメントに使用されているのは、グルコサミン塩酸塩です。
が、動物の体のタンパク質に含まれるのは硫酸塩なので、硫酸塩の方が自然な形で取り入れることができます。

実際、いろいろな研究で有効性が確かめられているのも「グルコサミン硫酸塩」なので、おすすめです。

(N-アセチルグルコサミンも吸収が良いのですが、これが含まれている犬用サプリメントはあまり市販されていません。)

その他、サプリメントによって、上記の成分の吸収を促進する「補助成分」が配合されています。
ここについては、各サプリメントの説明の中でご紹介しましょう。