• 犬 関節炎 対策 グッズ
    関節炎対策はこの記事でカンペキ!愛犬がずっと走り回れますように…!
犬の病気・健康

犬の関節炎・関節痛の対策まとめ!おすすめのフードやサプリメントは?

犬種 病気 予防策 まとめ

体のふしぶしが痛む関節炎は、年齢や体型、犬種を問わず、どの犬でも起こる可能性がある病気です。
なんと成犬の5頭に1頭がかかっているとも言われます。

関節炎は進行性の病気なので、一度発症すると完治は難しいのですが、早期発見・治療ができれば進行を遅らせたり、症状を緩和することができます

そこで、この記事では犬の関節炎・関節痛の原因・症状から対処法まですべてお伝えします!

みずき
ワンちゃんには元気に走り回ってほしいし、高齢化が進んでるからこそ絶対知っておきたい内容ね♪

今すぐチェック!関節炎・関節痛の症状リスト

犬は関節に痛みがあると、以下のような症状が出てきます。
ご自身の愛犬のふだんの様子を思い浮かべながら、チェックしてみて下さい。

【関節痛の早期発見のための8つのチェック項目】

  •  散歩を嫌がるようになった。散歩で走りたがらず、ゆっくり歩くようになった。
  •  階段など段差を上りたがらなくなった。
  •  立ち上がるのがつらそうである。
  •  足をひきずったり、足を地面につけずに歩くことがある。
  •  走ったり、飛び跳ねたりしなくなった。
  •  元気がなくなった。または攻撃的になった。
  •  尻尾を下げていることが多くなった。
  •  寝ている時間が長くなった。または短くなった。

 

チェックした項目の数が多ければもちろん。
そうでなくても上記のようなワンちゃんの姿が見られた場合、まずは少し関節炎を疑ってみてください。

バウ
僕ら犬って、本能的に自分たちの弱点を見せないよう、痛みを隠そうとするもの。
そのため、発見が難しいこともあるけど・・・よーく見ててほしいワン。

関節痛があるとき、多くの犬は何らかの痛みのサインを発しています。
そのサインにいち早く気付くためには、日頃から愛犬の様子をチェックしておくことが大切です。

これらの症状が見られたら、早めに動物病院に相談しましょう。
これは「早ければ早いほど良い」です!

関節炎にかかりやすい犬種

みずき
なるほどねー。でも、関節炎にかかりやすい犬とそうでない犬ってやっぱりいるのかしら?
バウ
いい質問だワン♪
実は「犬種」によって関節炎にかかりやすさは違うと言われているんだワン。

関節炎になりやすいと言われている犬種には、主にこれらが挙げられるんだワン。

【関節炎になりやすい犬種】

  •  ポメラニアン、パピヨン、チワワなどの小型犬
  •  ミニチュアダックスフンド、コーギーなどの胴長犬
  •  ラブラドール・レトリバー
  •  ゴールデン・レトリバー
  •  ボーダーコリー

 

小型犬は生まれつき太ももの骨の溝が浅かったり、靭帯が弱い子が多く、膝を脱臼しやす傾向があります。
大型犬はその体重を支えるために関節への負担がかかり、関節を痛めがちです。

特にラブラドール・レトリバーやゴールデン・レトリバーは、遺伝的に股関節に病気が出やすいと言われています。
発育期に悪化するおそれもあるので、注意が必要です。

みずき
そうかー。関節痛と一口に言っても、原因もいろいろみたいね。原因についてもっと知りたいわ。

 犬の関節炎・関節痛の原因と種類

そもそも関節炎・関節痛とは、骨同士の接合部分を保護しなめらかに動かす働きを持つ軟骨が、摩耗・変形することで起こる、炎症や痛みのことを指します。

その原因としては、さまざまなケースが考えられますが、ザクッとまとめてみるとこのようになります。

原因 説明
加齢 年齢とともに軟骨がすり減ることで、関節に炎症が起こりやすくなる
肥満 体重増加により関節に負担がかかり、ダメージが与えられる
運動不足 運動量が少ないと、関節を守る筋力が衰え、骨も脆くなる
先天的(遺伝性)な障害 生まれつきの骨の変形や骨格の違いによって、関節に負荷がかかりやすいことがある
外傷性の病気 怪我や交通事故で関節を傷めたり、傷口から病原菌が入り込むことで炎症が起こる
免疫機能の異常 免疫機能の誤作動により、関節をつくる組織が破壊されてしまう
バウ
こんな風にいろんな原因があるので、1つずつもうちょっと詳しく見てみるワン!

犬の関節炎・関節痛の原因①加齢

まずは加齢(老化現象)によるもの。
ペットも高齢化がすすみ、現在もっとも増えているケースです。
年齢とともに軟骨がすり減ることで、関節に炎症が起こりやすくなります

犬の関節炎・関節痛の原因②肥満

肥満も大きな原因となります。
人間と同じ食べ物を与えるとカロリーオーバーになりやすく、肥満になってしまう犬も。
体重増加がもとで関節にかかる負担は想像以上に大きいので、飼い主さんがきちんと管理してあげましょう。

犬の関節炎・関節痛の原因③運動不足

次に、運動不足です。
運動量が少ないと、関節を守る筋力が衰えて足腰が弱るとともに、骨も脆くなってしまいます。
あまり激しい運動は逆効果ですが、適度な運動は強い体づくりに必要です。

犬の関節炎・関節痛の原因④先天的(遺伝性)な障害

先天的(遺伝性)な障害が原因となる場合もあります。
生まれつき骨が変形していたり、筋肉をうまく動かせない、といったケースです。

また犬種によっては、先天的に発症しやすい関節の病気があります。
これが引き金となり、関節炎につながることも多々あるのです。
その代表的なものとして、

  •  膝蓋骨脱臼(パテラ):10kg以下の小型犬(トイプードル、チワワなど)に多い
  •  変形性脊椎症:胴長の犬(ダックスフント、コーギーなど)に多い
  •  股関節形成不全症:大型〜超大型犬(シェパード、ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバーなど)に多い

 

などが挙げられます。

犬の関節炎・関節痛の原因⑤外傷性の病気

怪我など外傷から起こる他の病気が、関節の慢性的な痛みにつながることもあります。

外傷性のものとしては、

  •  股関節脱臼:落下や急な方向転換など、関節への過度の負担が原因
  •  感染性関節炎:外傷の傷口から細菌やウイルスが関節に侵入し、起こる

 

などが挙げられます。

犬の関節炎・関節痛の原因⑥免疫機能の異常

ほかに、免疫機能の異常によって起こる、免疫介在性多発性関節炎(リウマチ性関節炎)というものもあります。

バウ
加齢など、どうしても避けられないものもありますが、肥満・運動不足・外傷といったものは、管理次第で避けることも可能です。僕ら犬の生活習慣や生活環境を整えて、関節炎・関節痛のリスクを減らしていって欲しいワン♪
みずき
じゃあ、次に関節炎の治療について見ていこうよ♪