• 犬 関節炎 対策 グッズ
    関節炎対策はこの記事でカンペキ!愛犬がずっと走り回れますように…!
犬の病気・健康

犬の食欲が無い!食欲不振の原因と改善方法!ストレスか病気かなど見分け方はある?

食欲 原因 ストレス 病気

「最近ワンちゃんの食欲がなくなってきた」、「昨日までたくさん食べていたのに急に食べなくなった」なんてことはありませんか?
ワンちゃんが食べてくれないと心配になりますよね?

この記事では、犬の食欲がなくなる原因についてお話ししていきたいと思います。

食欲不振の原因とは?

食欲 原因 ストレス 病気

食欲不振ってどんな状態?

獣医学的には、犬が48時間以上食べ物を口にしていない、または3日以上いつもの食餌量の半分しか食べていない状態「拒食」と言うそうです。

急にご飯を食べなくなったからと言って、「病気かも?」と思うのはちょっと早いかもしれません。

特に気になる症状が他になければ、2日くらいは様子を見て良いんですね。

もちろん、他に気になる症状が出ているときには病院で診てもらいましょう。
それから子犬の場合はより栄養不足になりやすいので、早めに病院を受診してくださいね。

犬の食欲がなくなるときに、体の中はどのような状態になっているのでしょうか。

人間にも言えることですが、食欲は脳からのシグナルによって出ています。
いわゆる満腹中枢・空腹中枢というものですね。
胃の膨張感や、全身の栄養状態を脳が感じ取っているのです。

食欲不振になる原因

犬の食欲不振には様々な要因が影響していると言われています。
例えば、次のようなことが考えられます。

  • ストレス
  • 不安
  • 気候の変化
  • フードがおいしくない、飽きた
  • 成長過程で食欲が落ちる
  • 老化
  • 病気やケガ

どうでしょう?
食欲がないからと言って、病気だとは限らないんですね。

ここから先は、犬の食欲不振の原因別に、その改善方法について見ていきましょう。

ストレスによる食欲不振

食欲 原因 ストレス 病気

犬は本来ストレスで食欲がなくなるということはないはずなんです。
長い間人間と暮らし、人間社会で生きているうちに、人間と同じようにストレスの影響を受けるようになったと言われています。

ストレスの原因にはどんなものがある?

犬はどんな時にストレスを感じるのでしょうか。
原因は様々ですが、例えば次のようなことが考えられます。

  • 運動不足
  • お散歩に行っていない(もしくは足りない)
  • 気候の変化
  • 飼い主が不在で不安

運動不足は特に小型犬に多い傾向があります。
最近は室内飼いの小型犬がかなり多くなっています。
室内運動のみで、あまりお散歩に行っていないという飼い主さんもいるのではないでしょうか?

飼い主が不在で不安に感じるのは、「分離不安」と言われるものです。
これは性格もありますが、老犬になると増える傾向があります。

改善方法

運動不足に関しては、思いっきり体を動かす時間を増やしてあげることが何よりの改善策です。

人間もそうですが、ずっと室内にいると外の空気を吸いたくなりますよね?
外を歩いていろいろな匂いを嗅いで、色々なものを見て、たくさん刺激を受けることが犬にとっても必要なんです。

食欲が落ちたときにはまず、刺激のない生活や運動不足になっていないか、生活を見直してみると良いでしょう。

分離不安に関しては、日ごろからよくスキンシップを取ってワンちゃんを安心させてあげましょう。
老犬の場合は特に病気の心配も増えてきますので、なるべくワンちゃんと一緒に過ごす時間を作ってあげたいですね。

フードが美味しくない、飽きた

 

これも結構多い原因です。
フードの保存状態が悪くて酸化していたり食材が傷んでいたりすると、嫌がって食べないことがあります。
また、人間が食べているものを与えてしまうとその味を覚えて、フードを食べなくなることも多いです。

人間の食べ物は犬にとっては味が濃く、脂肪分も多かったりしておいしく感じてしまいます。
与え続けると肥満や病気の原因にもなりかねませんので、極力与えないようにしましょう。

改善策

まずはフードの保存状態などを確認してみましょう。
それから、ごはんのあげ方を見直してみてください。
いつものフードを食べ終わるまで他のものを与えないのは基本中の基本です。

ここで他の物を与えてしまうと、さらに食べなくなってしまいます。
成犬の場合は健康なら2日くらい食べなくても大丈夫なので、しばらくは様子を見てみましょう。

それでも食べない場合は、鶏のササミを茹でたものを細かく刻んでフードに混ぜてあげるのも良いです。

お腹を空かせれば食べる場合もありますので、いつもより散歩を長くしてみたり、おやつをあげないなどの工夫も効果的です。

ドッグフードにはいろいろな種類がありますが、できるだけ柔らかい缶詰ではなくドライフードを食べられるようにしましょう。
犬の歯の健康のためにも、ドライフードの方が良いと言われています。

成長の過程や老化で食欲が落ちる

 

思春期に食欲が落ちる

子犬のうちは、成長するためにたくさんの栄養を必要とします。
それが、思春期くらいになると成長のペースが落ち着いてきて、自然と食べる量が減ってくる場合があります。
子犬用のフードから成犬用のフードに変えると物足りなくなって食べなくなることもあります。

それから、思春期になると気分的に食べなくなる場合もあります。
他のことに気を取られて、食べるどころではなくなることがあるんです。

フードに飽きた場合にも共通して言えることですが、こういう時はワンちゃんの好むままにフードを変えたりおやつをあげたりしてはいけません。
ワンちゃんが好む味に変えたりすると、「食べないでいればおいしいものが出てくる」と学習してしまいます。

その結果、わがままなワンちゃんへの道まっしぐらです。
そのようなことがないように、食餌の内容は飼い主さんがコントロールしてあげてくださいね。

老化により食欲が落ちる

人間も年を取ると食欲が落ちたり、味覚が変わることがありますよね?
これは犬も同じで、特に病気などがなくても食欲が落ちることはよくあります。

老犬の場合は状況により、食べてもらうことを優先した方が良い場合もあります。
食欲がない場合はフードの味を変えてみたり、柔らかくするなどの工夫をしてみましょう。

ただ、あまりにも食べない場合は病気が隠れていることがありますので、その場合は病院を受診してくださいね。

病気が原因の食欲不振

食欲 原因 ストレス 病気

病気によって食欲が落ちるというのはよくあることです。
脳や心臓の病気に始まり、内臓疾患、呼吸器疾患、内分泌疾患、感染症、回虫症など、本当に色々な病気が考えられます。
食欲は健康のバロメーターというのは、犬も人間も同じなんですね。

早急に病院を受診した方が良い場合

病気の中でも、特に急を要するものには次のようなものがあります。

  • 嘔吐や下痢を伴うもの(感染症、中毒、腸閉塞など)
  • 水をたくさん飲む(急性肝炎、膵炎、急性腎不全、子宮蓄膿症など)
  • ぐったりしている(熱中症など)

これらの病気は、急に食欲がなくなることが多いです。
嘔吐や下痢は脱水を起こしますし、中毒は後遺症が残ることもあります。
いずれも命に関わりますので、すぐに病院を受診しましょう。。

なるべく早めに病院を受診した方が良い病気

次のような場合は救急病院を受診するほどではありませんが、早めに病院で診てもらった方が良いです。

  • 食べたいけど食べられない(口内炎、歯周病、鼻炎など)
  • 食欲がなく元気もない(寄生虫症、慢性腎不全、口腔の腫瘍など)

歯や口のトラブルの場合は、食べたいそぶりを見せるけれども食べられないということが多いです。
寄生虫症は徐々に食欲がなくなり、病院の便検査でも1回では見つからないこともあるので、すぐには発見できないこともあります。

気づきにくい病気

食欲不振以外の症状がすぐに出れば、病気を疑うことができます。
でも、徐々に食欲が落ちてなんとなく元気がない場合は、「ただの老化かな?」「夏バテかな?」など、なかなか病気だと気づかないことも多いです。
例えば、内分泌系の病気(ホルモンの異常)などはこういった傾向があります。

また、一見食欲とは関係なさそうな病気も見逃しやすいです。
緑内障などの目の病気や、関節の病気、自律神経の異常などの場合も食欲が落ちることがあります。

病気かどうかの見分け方

食欲 原因 ストレス 病気

食欲不振には色々な原因があるということが分かりましたね。
ここで、原因がストレスか病気かの見分け方について確認しておきましょう。

食欲不振の他に症状がないか?

食欲不振はよくある症状なので、それだけではすぐに原因が分からないことも多いです。

でも、病気の場合はたいてい他にも色々な症状が出ます。
例えば、嘔吐や下痢、水をやたらと飲む、ぐったりしているなどです。
こういう場合は、早急に病院を受診した方が良いです。

中には気づきにくい病気もありますが、必ず体のどこかに病気のサインが出てきます。
例えば、皮膚や被毛につやがなくなってきたり、脱毛があったりします。
それから、なんとなく元気がない場合でも、それが長く続く場合は病気の可能性があります。

病気のサインを見逃さないためにも、日ごろからワンちゃんの様子をよく観察しておくことが大切です。

犬のストレスサイン

病気かストレスかを見分けるときに知っておきたいのが、犬のストレスサインについてです。
犬がストレスを感じているときには、特定の行動をとる場合があります。

  • 無駄吠え
  • 噛みつく
  • 物を荒らす
  • クンクンと鳴く
  • 体の特定の場所をを舐め続ける
  • 自分の尻尾を追いかける
  • 同じ場所を行ったり来たりする

このような行動が見られたら、ワンちゃんがストレスを感じているかもしれません。
病気でない場合は、ストレスの原因を減らしてあげると食欲が戻るかもしれません。

 

犬の食欲がない原因には様々なことが考えられます。
人間と暮らすワンちゃんにはストレスも多いですし、ストレスから病気につながることもあります。
いつまでも健康でよく食べてくれるように、ワンちゃんのストレスや病気のサインを見逃さないようにしたいですね

【NEWS】電子書籍を出版します!

近々『愛犬の体調にあわせたおすすめ食材図鑑』という電子書籍を出版する予定です☆



「いまのわんこの体調にはどんな食べ物があう?」
「おすすめの食材にはどんな働きがあるの?」
「どんな風に調理して、どう食べたらいい?」
「うちのわんこの場合、適量はどのくらい?」

これらの疑問を一瞬で解決するガイド本です。

書籍の詳細をお知りになりたい方は以下からご連絡ください。
登録者さまには、Aamazonギフト券があたる【お得な発刊キャンペーン】もお知らせいたします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です